生活スタイルに合わせた酵母選び

教室ではイースト(インスタントドライイースト)とホシノ天然酵母を使ったパン作りを紹介しています。

パンの味や風味などは酵母によって違うということは前記事までで見てきました。

>>天然酵母とイーストの違いをご存知ですか?
>>天然酵母とは?
>>ホシノ天然酵母とは?

どちらの酵母を使うのかは、もちろん味や香り、食感で選んでいただければいいのですが、
もうひとつ、生活スタイルで酵母を選ぶという基準もあります。

思い立ったら比較的短時間で作れるのがインスタントドライイースト
まとまった時間が2時間半~3時間あればできてしまいます。

<お惣菜パンも2時間半ぐらいでできますよ♪>

一方、発酵時間がかかるけど、パン作りにかかる時間を分散できるのはホシノ天然酵母
時間のあるときにこねて、あとは冷蔵庫でゆっくり発酵。翌日、また時間があるときにその後の工程にとりかかることができます。

パン作りって時間がかかるから難しそうとか、面倒くさそう、って思われがちですが、実はパン生地を触って作業をする時間はほんの少しです。

だから、両方の酵母の発酵時間の差について理解してしまえば、ご自分の生活スタイルに合わせたパン作りができるようになります。

そうすれば、日々のご飯を作るように、パンを作ることもできるようになります。

私の場合、ランチに友人を招くようなときは、前日に生地を作り翌日は焼くだけでいいように天然酵母のパンを焼くことが多いです。
会社勤めをしていたころは、まとまった時間をとることが難しかったので、むしろ天然酵母の方が作りやすかったかもしれないです。

インスタントドライイーストのパンはすぐにできるので、
週末に家族の昼食に食パンを焼いて、家にあるものをはさんで食べたり、おやつに甘いパンを焼いたりしますね。

みなさまもぜひ、2種類の酵母を生活スタイルで使い分けてみてくださいね!

★「はじめてメニュー」随時受付中
★レッスンメニュー・日程はこちら

<関連記事>
[clink url=”https://atelier-de-gamine.com/2017/10/03/yeast01/”]
[clink url=”https://atelier-de-gamine.com/2017/10/03/yeast02/”]
[clink url=”https://atelier-de-gamine.com/2017/10/11/yeast03/”]

タイトルとURLをコピーしました