ベンチタイム

パン作りのコツ・ポイント

パン生地のベタつき解消する「打ち粉」

パン生地がべたつくと、手や作業台にくっついて生地が荒れて丸めや成形がやりにくくなることがありますが、それを防ぐために使う「打ち粉(手粉)」について解説します。打ち粉には強力粉?千葉県市川市のパン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」ではホシノ天然酵母のパンが習えます。土曜日あり。東西線行徳駅より徒歩10分。
こねる(ミキシング)

梅雨なのにパン生地が乾燥?

パン生地が乾燥してしまう!これは湿度の低い冬に限ったことではありません。 ジメジメした梅雨が始まりますが、一年中役に立つパン生地の乾燥対策をご紹介します。千葉県市川市のパン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」ではホシノ天然酵母のパンが習えます。土曜日あり。東西線行徳駅より徒歩10分。
パン作りのコツ・ポイント

ベンチタイムはなぜ必要なのか?

パン生地を「分割」「丸め」したあと、成形までにパン生地を休ませる時間のことを「ベンチタイム」といいます。ベンチタイムをとることで生地がゆるみ、成形がしやすくなります。 千葉県市川市にあるパン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」では、イーストと天然酵母のパンをそれぞれ1種類、合計2種類のパンを作ります。単発のワンデイレッスンですのでお気軽にお越しください。レッスンで作ったパンをアレンジしたサンドイッチや、パンにあったお料理を合わせるランチも人気です。赤ちゃん連れの方のためのレッスン日もあります。
パン作りのコツ・ポイント

ベンチタイムや仕上げ発酵でパン生地を乾燥させないコツ

ベンチタイムや仕上げ発酵でパン生地を乾燥させないコツについてご説明します。千葉県市川市行徳・妙典のパン教室「アトリエドギャミーヌ」ではホシノ天然酵母とインスタントドライイーストのパンを1種類ずつ、合計2種類作ります。赤ちゃん連れの方のための日程もございます。
タイトルとURLをコピーしました