いろいろなパン作りの製法

こねる(ミキシング)

【暑い季節のパン作りの悩み】生地温度を上げないためには○○が効く!

パンをおいしく作る第一条件は「よくこねること」です。でも、暑い季節はよくこねるとパン生地の温度がどんどん上昇!こんなときどうしたらいいの? 千葉県市川市のパン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」では「カジュアル変換レシピ」でホシノ天然酵母のパンが習えます。土曜日あり。東西線行徳駅より徒歩10分。
ホシノ天然酵母について

しっとり食パンの立役者「ポーリッシュ種」

食パンをしっとりとさせる「ポーリッシュ種」。できあがったポーリッシュ種の動画付き。千葉県市川市のパン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」では「カジュアル変換レシピ」でホシノ天然酵母のパンが習えます。土曜日あり。東西線行徳駅より徒歩10分。
こねる(ミキシング)

パン作りにおける「パンチ」とは?

パン作りにおける「パンチ」の目的・パンチの入れ方について解説します。 千葉県市川市のパン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」では「カジュアル変換レシピ」でホシノ天然酵母のパンが習えます。土曜日あり。東西線行徳駅より徒歩10分。
ホシノ天然酵母について

始めてみませんか?ホシノ天然酵母のパン作り

インスタントドライーストから天然酵母にステップアップしたい方へのオススメは「ホシノ天然酵母」。オススメポイントについてご紹介します。 千葉県市川市のパン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」ではホシノ天然酵母のパンが習えます。土曜日あり。東西線行徳駅より徒歩10分。
いろいろなパン作りの製法

【パン作りの製法】ポーリッシュ法(液種法)

発酵種法のひとつである「ポーリッシュ法」は小麦粉と同量の水、酵母、塩を混ぜ合わせて作る水種です。ポーリッシュ法の目的とメリットは? 千葉県市川市のパン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」では1回完結レッスンを行っています。ホシノ天然酵母のパンも習えます。東西線行徳駅より徒歩10分。
いろいろなパン作りの製法

オートリーズとは?目的と効果、普段のパン作りへの応用

オートリーズとは、フランスパン生地を作るときのミキシング(こね)の工程の一部のこと です。詳しくまとめましたのでご覧ください。千葉県市川市のパン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」では単発のワンデイレッスンを行っています。ホシノ天然酵母のパンも習えます。東西線行徳駅より徒歩10分。
いろいろなパン作りの製法

パン作りの製法「ストレート法」

いろいろなパン作りの製法と「ストレート法(常温短時間発酵/冷蔵長時間発酵)」についてご紹介します。 千葉県市川市のパン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」では単発のワンデイレッスンを行っています。ホシノ天然酵母のパンも習えます。東西線行徳駅より徒歩10分。
パン作りのコツ・ポイント

「オーバーナイト製法」で作るパン

夜にこねた生地を一晩冷蔵庫で発酵させる「オーバーナイト製法」について。千葉県市川市行徳の手作りパン教室「アトリエ ド ギャミーヌ」ではホシノ天然酵母とインスタントドライイーストのパンを作ります。赤ちゃん連れでパン作りができます。ゆったりとランチもお楽しみください。
タイトルとURLをコピーしました