発酵

発酵

コラボレッスンでひしお(醤)作り

麹(こうじ)を使った発酵調味料「醤(ひしお)」作りをパン教室の生徒さんに教えていただきました。ホシノ天然酵母にも「こうじ」は使われていますね。
ホシノ天然酵母について

【ホシノ天然酵母】冬・寒い季節の一次発酵の6つの工夫

ホシノ天然酵母パンの一次発酵には時間がかかります。特に冬は気温が低いとなかなか発酵してこなくて「失敗?」と思ってしまうかも。寒い季節の一次発酵の6つの工夫をご紹介します。
パン作りのコツ・ポイント

パン生地のこねあげ温度、測ってますか?

パン生地のこねあげ温度を測るのは必須?なぜ測るの?高い?低い? 千葉県市川市のパン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」では「カジュアル変換レシピ」でホシノ天然酵母のパンが習えます。土曜日あり。東西線行徳駅より徒歩10分。
パン作りのコツ・ポイント

カンパーニュには発酵かごが必要?理由は?代用にはこれ!

パンドカンパーニュを焼くのに発酵かご(型)がない場合はどうすればいいの?発酵かごを使う理由から代用までをまとめました。千葉県市川市行徳のパン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」では「カジュアル変換レシピ」でホシノ天然酵母のパンが習えます。オンラインレッスンあり。
発酵

食パンの型のサイズを変更したときの仕上げ発酵完了のタイミングは?

レッスンで作ったミニ食パンの生地を、家ではパウンド型を使って焼きたい。そんなとき、パン生地はどの高さまで発酵させたらいいの?そんなことをまとめてみました。 千葉県市川市のパン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」では「カジュアル変換レシピ」でホシノ天然酵母のパンが習えます。土曜日あり。東西線行徳駅より徒歩10分。
発酵

2020年、「発酵」で幕開け!

発酵のことについて知りたい方にお勧め!「発酵の科学」のご紹介。 千葉県市川市のパン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」では「カジュアル変換レシピ」でホシノ天然酵母のパンが習えます。土曜日あり。東西線行徳駅より徒歩10分。
ホシノ天然酵母について

【ホシノ天然酵母】種起こし失敗??冬は忍耐が必要!

寒い冬、ホシノ天然酵母の元種が発酵してこない!失敗??寒い日は時間がかかりますのでとにかく待ってみてください。 千葉県市川市のパン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」では「カジュアル変換レシピ」でホシノ天然酵母のパンが習えます。土曜日あり。東西線行徳駅より徒歩10分。
ホシノ天然酵母について

【オーバーナイト】冷蔵庫に入れるタイミング

ホシノ天然酵母のパンを冷蔵庫でオーバーナイト発酵させる場合の冷蔵庫に移すタイミングについて紹介。 千葉県市川市のパン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」では「カジュアル変換レシピ」でホシノ天然酵母のパンが習えます。土曜日あり。東西線行徳駅より徒歩10分。
こねる(ミキシング)

パン教室やレシピによって仕込み水の温度が違うのはなぜ?

大手パン教室の仕込み水の温度が高い理由について質問がありました。仕込み水の温度とこね上げ温度の関係、レシピの作り方について書いています。 千葉県市川市のパン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」では「カジュアル変換レシピ」でホシノ天然酵母のパンが習えます。土曜日あり。東西線行徳駅より徒歩10分。
発酵

インスタントドライイーストは臭い?赤・金・青サフの違いは?

インスタントドライイーストのパンは臭い?赤サフ・青サフ・金サフの違いは?詳しく解説!千葉県市川市のパン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」では「カジュアル変換レシピ」でホシノ天然酵母のパンが習えます。土曜日あり。東西線行徳駅より徒歩10分。
こねる(ミキシング)

おいしい食パンの証拠「ホワイトライン」

食パンの「ホワイトライン」とは?どうしてホワイトラインがある食パンがいいの?そんな疑問があったら読んでみてくださいね。千葉県市川市のパン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」では「カジュアル変換レシピ」でホシノ天然酵母のパンが習えます。土曜日あり。東西線行徳駅より徒歩10分。
こねる(ミキシング)

【夏のパン作り】パン生地の温度を上げない5つの工夫

夏はパン生地が熱くなりすぎることがしょっちゅう!そんな暑い夏のパン作りの5つのポイントをご紹介します。千葉県市川市のパン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」では「カジュアル変換レシピ」でホシノ天然酵母のパンが習えます。土曜日あり。東西線行徳駅より徒歩10分。
タイトルとURLをコピーしました