しっとり食パンの立役者「ポーリッシュ種」

昨日仕込んでいた食パンです。

お昼ごはんには間に合いませんでしたが、なかなかいい感じに焼けました(*´▽`*)

今回は1.5斤の型を使って大きく焼いています。

レッスンで使用するスリム型(8cm×8cm×20cm)の倍量ぐらいです。

とってもしっとりと焼けましたが、しっとりの秘密はポーリッシュ種

ポーリッシュ種というのは、ほぼ同量の小麦粉と水を混ぜ合わせた液種の一種です。

詳しくは以前書いた記事をご覧くださいね。

[clink url=”https://atelier-de-gamine.com/2019/01/15/20190115/”]

使った酵母はもちろんホシノ天然酵母です!

できあがったポーリッシュ種はこんな感じ。

どのぐらい発酵させるかというと、一般的には「種落ちするまで」といわれていますが、

発酵後、力がなくなってストンと生地が落ちた状態のことです。

すぐに使わないので、そこまでは発酵させず、動画の状態で冷蔵庫に入れて、数時間後に使いました。

こんなに時間があることは少ないので、今度は違うパンで試してみたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました