ホシノ天然酵母のはちみつパン

クラスト(外側)はバリッと、クラム(中身)はやわらかくてほんのり優しい甘味のはちみつパン。

はちみつはパン生地に甘みをつけるだけでなく、パン生地をしっとりさせてくれる効果があるんですよ。

ホシノ天然酵母でじっくり長時間発酵させて作るこのパンは、何もつけずにそのまま食べるのもオススメですが、バターを付けて食べるとおいしさが倍増!
レッスンでも大好評の食べ方でした。

また、このホシノ天然酵母のはちみつパンはドライフルーツとナッツもよく合います。

2018年7月のレッスンでは「マンゴーのブランデー漬け&マカデミアンナッツ」を入れたパンをご紹介しました。

ドライフルーツの練り込み方、
ナッツの処理、練り込むタイミングによる食感の違いなどを学びます。

いろんな組み合わせで楽しめますが、「クランベリーのキルシュワッサー漬け&くるみ」もおいしかったです♪

このレッスンでは成形についてもポイントがあります。

このような丸いパンを「ブール(boule、フランス語で「ボール」)」と呼びますが、発酵カゴがなくても腰高なボール型にする成形のコツをお教えします。

タイトルとURLをコピーしました