2つのサンドイッチでボリュームランチ!

平日のレッスンは、インスタントドライイーストのパンホシノ天然酵母のパンをそれぞれ1種類、合計2種類のパンを作ります

パン作りが初めての方向けの「はじめてメニュー」をのぞき、通常は機械ごねで生地を作ります。

機械ごねの教室では珍しいかもしれませんが、

アトリエ・ド・ギャミーヌでは必ずこね上がりの状態をレッスンで確認し、どこまでこねたら良いのかを触って確認します。

すでに大手パン教室で一通りパン作りを習われた方でも、

「生地の状態をここまでチェックしたことはなかった」

とおっしゃります。

機械ごねでも、生地作りにこだわってレッスンをしているのが教室の特徴のひとつかもしれませんね。

アトリエ・ド・ギャミーヌに通うようになって、ご自分のパンが以前よりもおいしくなったという感想をいただくことがありますが、そのときは本当にうれしい!!

さて、3月のメニューとレッスンの様子をご紹介します。

*ホシノ天然酵母の「ぱっくんバンズ」
*インスタントドライイーストの「アインバック」

です。

両方ともサンドイッチにするのでボリュームたっぷりのランチで盛り上がっています!

1種類目はホシノ天然酵母の「ぱっくんバンズ」。

大きなコロッケを挟んでも、くずれない形のバンズです。
生地にはたっぷりのマスカルポーネチーズを練りこんでいるのが特徴です。

「食べたあとにふんわりチーズの香りがする~」

そんな感想をいただきましたよ。
パン屋さんではあまり見かけないパンなので、とってもご好評でした^^

2種類目はインスタントドライイーストの「アインバック」。

アインバックはドイツ語で「1個焼き」とかそんな意味。
小型のパンを並べてひとつのパンにして焼くパンのことをさします。
日本ならちぎりパンといったところですね。

もちろん、ちぎりパンのように丸パンをつなげてもいいのですが、この形にしたのには訳があります。

細長い棒状の成形というのは、さまざまなパンを作るときに使うので、アインバックのように何本も一回のレッスンで練習すれば、かなり感覚を掴んでいただけるのではないかと考えたからです。

ふわふわで甘いこのアインバック、1本はそのままで、もう1本はいちごとあんこをサンドしてデザートとしてお召し上りいただきました。

サンドイッチのおともはとっても簡単でやさしい味の「グリーンピースのスープ」です。

グリーンピースは手軽に冷凍を使っています。
余談ですが、冷凍のグリーンピースってメーカーによって味が全然ちがうんですよ。

一度しか作らない料理だとちょっとした違いは分からないかもしれませんが、私のように何度か試作をし、さらにレッスンで数回作ると、味が少しでも違うと「?」となるわけです。

何度も同じものを作るって、意外と大事だなと最近感じています。

それはパン作りも同じで、一番早く上手になるのは何度も同じパンを焼くことだと思いますよ^^

ではでは、明日で最後、ボリュームたっぷりランチでまた盛り上がりたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました