春の味覚「よもぎ」で食パン

3連休、みなさまはいかがお過ごしですか?

今月は結局まだ大人向けのパン教室は開催できずにおりますが、

時間があるので、いろいろなパンを作っています。

先日は春の味覚「よもぎ」を使って食パンを焼きました。

乾燥させて粉末になったよもぎパウダーを使っています。

シンプルに小麦粉、塩、砂糖、水、ホシノ天然酵母、それによもぎ粉を、なんとなく、適当に配合。

油脂は入れませんでした。

なんとな~く生地を仕込んだので、実はどんな風に成形するかも決めていませんでした。

小豆麹を作ったので、それを包んでよもぎあんぱんにしようかな、
それとも抹茶ベーグルのレッスンで余った大納言甘納豆を練り込もうかな。

分割の時点までどうするか決められなくて、とりあえず3分割。

最後まで残った候補は大納言甘納豆を練り込んで三つ編み食パンだったのですが、成形の直前で普通の三つ編み食パンにすることにしました。

焼き上がりはこちら!
よもぎの香が春を感じさせてくれます!

包もうとおもっていた小豆麹をトッピング。

うん!おいしい!

でもですね、何もつけないで食べるのが一番おいしかったです^^

不思議なぐらいしっとりやわらかに焼きあがったからかもしれないです。

野菜ペーストを練り込んだりするとしっとりやわらかなパンになりますが、よもぎにもそれと同じような効果があったのかもしれませんね。

予想以上においしかったので、季節限定メニューで単発レッスンとかもいいな~、なんて思いました。

もし、ご興味あったらお声掛けくださいね。

ちなみに、よもぎ粉は富澤商店で購入できます。

ベーグルに練り込むとおいしいですので、コースレッスンご受講の方はベーグルのレシピをもとにぜひお試しを!

タイトルとURLをコピーしました