シナモンロールと余った卵白で塩釜焼き

すっかりブログの更新がご無沙汰になってしまいましたが、5月のレッスンも順調です!

さて、先日の土曜日は手ごねでシナモンロールを作るレッスンでした。

卵黄をたっぷり使ってフワフワの生地に仕上げるシナモンロールです。
お店のシナモンロールはなんだか固めなのが多いように思うのは気のせいでしょうか・・・?

私はフワフワのシナモンロールが大好きです!

私のパン教室ではホシノ天然酵母とインスタントドライイーストのどちらかを使ってパンを作るのですが、
それぞれの特長を生かしたレシピを考えています。

ホシノ天然酵母のシナモンロールはじっくりと発酵させて粉の旨みも感じてもらえるようなわりとヘルシーな配合。

一方、今回のインスタントドライイーストで作るシナモンロールはバターも卵黄もたっぷり入れたリッチな配合です。
卵黄がたくさん入るので生地も黄色っぽくなるんですよ。

※ちなみに、卵白が入ると生地が硬くなります。

そして、材料がいくらリッチでもフワフワのパンにはなりません。
コツはとにかくよくこねて薄い膜が張る生地を作ること!

ということで、今回もいっぱいこねていただきましたよ~。
こね方にもいろいろあると思いますが、私は松戸のツオップのシェフに教えてもらったこね方を教室でも採用しています。

最初から勢いよくぐちゃぐちゃ~!っと伸ばすのではなく、ゆっくり水分を含ませながら伸ばしては畳んで伸ばしては畳んで、、、
これを繰り返すこね方です。

こちらはレッスンの様子↓
土曜日は4人定員でレッスンをしています。
みんなでワイワイ&こねこねするパン作りは楽しいですね。

ところで、シナモンロールを4人分、さらにランチ用と私の見本用、全部で6人分のシナモンロールを作ったら、
なんと12個分も卵白が余ってしまいました゚゚(゚´Д`゚)゚

すると生徒さんから

「塩釜焼きはどうですか?」

とアイデアをいただきました!

ということで、早速作ってみましたよ~。
メモ程度なのですが、レシピをご紹介します。

イサキの塩釜焼き

季節の魚ならなんでもいいのですが、今回は大きくて新鮮なイサキがお手頃に手に入ったので使ってみました。

塩釜焼きは、塩釜の中でゆっくりと魚が蒸されるので身がふっくら、そして程よい塩味がつきます。

また、オーブンで焼くだけなので見栄えがいいのに実は手軽!パーティーにも良さそう^^

<材料>
・イサキ・・・天板いっぱいの長さ(重さは計りませんでした)
・卵白・・・4~5個分
・塩・・・カップ1/3

<作り方>
1.魚をさばく
  鱗をとり、エラ・内蔵を取る。血合い袋も破りきれいに洗う。
  ※この作業はお店で頼めばさばいてくれますよ。
  私はいつもお願いしちゃっています。笑
  でも、血合い袋は破られていないことがほとんどなので、ここだけはお家で確認してみてくださいね。

2.卵白を角が立つまで泡立て、塩をさっくり混ぜる。

3.卵白を天板に式、その上に魚、起こりの卵白をかぶせてオーブンへ
  230度予熱、210度で40分焼く

  

卵白が大量に余ったときにはぜひ作ってみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました