コースレッスンのゴールは「カジュアル変換」!


ホームページの内容がリニューアルしていることにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、
この度パン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」はコンセプトを新たに、待望のホシノ天然酵母のコースレッスンを新設することになりました。

実は、半年ほどかけてずっとこの企画を温めてきました。
そしてついに9月よりそのレッスンをスタートさせる準備が整いました!

新しいコンセプトはカジュアル変換レシピのパン作りです。

「カジュアル変換レシピ」とは?

カジュアル変換レシピというのは簡単にいうと

「レシピの配合変更」や「発酵時間のコントロール」でホシノ天然酵母のパン作りを気軽でカジュアルに楽しめるパン作りのことです。

このレッスンでは

「なぜこの材料なのか?」

「どうしてこの工程が必要なのか?」

「こねや発酵の見極め方」

など、パン作りの謂わば基本知識をしっかりと学びます

これらが分かるようになると、レッスンでお渡しするレシピだけでなく、
お手持ちのレシピのパンももっとおいしく作ることができるようになって
最終的には自分好みに気軽にカジュアルに変換することができるようになります

このコースを作るにあたり、時間をかけて市場調査を行いました。
パン作りを専門的にしっかり学ぶお教室はありますが、カジュアル変換レシピ」というコンセプトはどこにもありません

かっちりするより、気楽でカジュアルなことが好きな私だからこそのレッスンです。

なぜコースレッスンなのか?

今までずっとインスタントドライイーストとホシノ天然酵母のパンを1回のレッスンで2種類実習するという単発レッスンだけを開催してきました。

パン作りが初めての方は「はじめてメニュー」というレッスンにご参加いただき、その後は月替わりメニューのレッスンに都合の良いお日にちにご参加いただくというスタイルです。

しかし、「パン作りがまったく初めて」という方にとって、1回で2種類の酵母(インスタントドライイースト&ホシノ天然酵母)を学ぶというのはすこしハードルが高いようでした。
どちらかというと、イーストのパンを習ったことがある、あるいは独学で作ってきて、新たにホシノ天然酵母にチャレンジしたいという方が長く通ってくださっています。

そこで私は考えました。

初心者の方でもホシノ天然酵母のおいしいパンをもっと作ってもらいたい!
そのためにどうしたら良いのか・・・?

イーストとホシノ天然酵母の一番の違いは発酵時間です。
イーストのパンはイーストの量にもよりますが早く発酵が進みます。
一方、ホシノ天然酵母は長時間発酵させる必要があります。

発酵時間が異なる酵母を同時に扱うというのは、やはり混乱しやすいようなので、ホシノ天然酵母に特化したレッスンにしたらわかりやすいのではないか、と思いました。

また、長く通っていらっしゃる方の中に初心者の方が混ざるのはやはり上達具合に差があり、パンの難易度によっては参加しにくくなってしまいます。

ホシノ天然酵母のパン作りは決して難しくはないのですが、単発レッスンにした場合、もしもたった一度きりのレッスンで「イーストの方が楽だな」と思って諦めてしまう方がいらっしゃるとしたらとても残念なのです。

なぜなら、ホシノ天然酵母で作るパンはもっちりしてかおりも良くて本当においしいから!

どうせホシノ天然酵母のレッスンをするなら、初心者の方でも諦めることなく、ステップを踏んでパン作りが上達できるようなレッスンにしたい!

その思いからコースレッスンを新設することにしたのです。

ゴールは「カジュアル変換」

私はパン作りに「正解」はないと思っています。
自分にとって「おいしい」のが一番です。

例えば、
「おいしさはそのままでギリギリまで砂糖を減らしたい」

と考える方もいらっしゃるでしょう。

それならば減らせばいいのです!
私がお渡しするレシピが絶対ということはないのですから。

ただし、それは砂糖の役割をよくわかっていないと失敗してしまいます。
やみくもに砂糖を減らしては、ぱさついたパンになってしまいます。

甘味を加えるだけではなく、砂糖にはパン生地をしっとりさせる効果もありますから。

このように材料に関する基本知識を身に付けるだけで、自分らしくレシピを気軽に「カジュアル変換」できるようになります。

また、こねる時間や発酵時間も、パン生地の状態を見極められれば、レシピに書かれた時間に縛られることなく気楽にパン作りができるようになります。

とくにホシノ天然酵母を使った長時間発酵のパン作りなら、「今日はこねるだけ、その後の作業は明日にしよう!」ということも可能です。

レシピの配合も発酵時間も、あなたの自由にできたら、パン作りはどんなに気軽で楽しいことでしょう!

このコースレッスンを7回受講後にはきっとあなたなりの「カジュアル変換」ができるようになっているはずです^^

そうなれるように、きめ細やかで丁寧なレッスンをさせていただきます。

まずは新設サイトをぜひご覧ください!

どうぞよろしくお願いいたします!

タイトルとURLをコピーしました